スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop


DISAPPEAR [All Of Efforts]

サイトのリニューアル作業を進めつつ、仕事履歴を更新する際に「こんな仕事少なかったっけ!?」と焦って調べてみたら、企画自体がポシャった作品が幾つかある事が判明…(苦笑)

基本は口約束で成立するけど、ほぼ確実にやったらやっただけ形になる出版業界。
対して、何だかんだ厳密な契約を要求された果てにようやく成立するのに、(勿論様々な要因が絡み、望んだ結果ではないにせよ)やった事が形になるとは限らないゲームやアニメ業界──

しかも契約の如何によっては無くなった企画でも著作権の有無に関係なく作品自体の発表すら規制されるのは、関わった作品の履歴が次へ繋がる個人事業主としては、正直死活問題な訳で… (;¬_¬)

とはいえ、出版関係にしたとこで制作以外の発売・宣伝等を委託してもらう代わりに、著作権以外の権利を全て譲渡した様な関係になる訳だから、結局『作家』と気取ってみたところで、何処かに帰属する雇用される側であり続ける限り、搾取されても仕方ない身分という事なんDEATHね。。。

作家になって20年── そろそろ真面目に次の新しい形を模索すべき時期か。
20140609a.jpg
スポンサーサイト
2014-06-09 : PRETTY HATE MACHINE : コメント : 0 :
Pagetop


現代人 - Imagine -

一つ前の日記と若干相互補完の関係にある内容になってしまうのかもしれないけど、以前は残酷で凄惨な事件などが起こった場合はいつも決まって鬼の首を取ったかの如く、漫画や映画やゲーム等の悪しきメディアの影響と騒ぎ立てられたものだった(苦笑)

僕も一応漫画描きの端くれとしてメディア産業の末席に身を置かせて頂いてる者として、この指摘を決して軽んじている訳ではないし、短絡的にこれを肯定する事も、逆に否定する事もしてこなかった。
それは全てを曖昧にする事で発信者としての自らの責任の所在を明言する事を避けたからではなく、作家が責任を取る為の方法とは、常に作品(内容)で取るべきだと考えてきたからに他ならない。

『何か』が起こった時── 起きた事後に語る事は結局『言い訳』にしかならないし、逆に起こる事を恐れて表現自体を控えてしまうなら、それも結局は只の『逃げ』でしかない。
事件の当事者として起こしたくて起こす訳ではない以上、それでも起きてしまうって事に留意すべきだし、万が一が起こってしまった時に胸を張って向き合い続けられる作品を創って行くしかない。

ただそれ以前に一つだけこうした所謂有識者と言われる方の見解に対して思うのは、もし仮に実際一部の悪い漫画や映画やゲームが人に何らかの悪影響を与えられるとしたら…
世界の人々がそこまで単純に悪に染まれる愚かな存在だとしたら……

どうしてそうした悪い作品が世に出回る一方、ディズニーやジブリ作品の様に素晴らしく心温まる作品が、その悪い作品以上多く世に溢れているのに、世界は未だジョン・レノンが歌った様な争いや苦しみの無い世界に染まってないんでしょうね?

多分きっとそこに通低する答えは一つでさ──

犯罪を犯す者が被害者に対し感じるべき事に対して…
戦争を指示する為政者が市民に対し感じるべき事に対して…
表現の力を軽視する創作者がユーザーに対し感じるべき事に対して…
事後に現れ断罪する有識者が揚げ足を取る対象に対し感じるべき事に対して…

想像する事を怠った事から起こるんだろうね。。。


ま・結局何が言いたいかというとさ。
そんな想像力の欠けた現代なればこそ、僕ら創作者ももっと夢のある作品を作らなきゃな、って話。
2013-07-04 : PRETTY HATE MACHINE : コメント : 2 :
Pagetop


After Domn It !!!

以前チラッと瞬間湯沸し器みたいに怒髪した例のブログ広告の問題が、ドリコムの予想をはるかに上回る大反響(勿論悪い意味で 笑)だったらしく、久しぶりに覗いてみると面白い成り行きになっていた。

16の実施日に続き、明けて直ぐの17には「現在、皆様にいただいたご意見を元に、ユーザー様の記事とMicroAd広告の分別のつくUI設計。ブログスキンとMicroAd広告背景色のデザイン不一致の解消、という施策にて鋭意対応させていただいております」と微妙にピントの外れた対応を発表。
19にはスキンと広告背景色のデザイン不一致の解消を補う名目で、「MicroAd広告の背景色が白色であることより、デザインとの不一致をおこしています」という理論の元、背景色に合わせた広告の背景色をつくり、ブログ広告掲載元の表記については「広告の発行元がわかるようMicroAdの右下に『ドリコムブログからの広告です。』と表記させていただきます」という、よりダイレクトな景観崩しの方策を打ち出した。
ユーザーからすれば当に弱り目に祟り目である(苦笑)。
しかも「当お知らせブログ(管理局)へのコメントにつきまして」というコメントを追記し、「MicroAdの件に関しまして多くのユーザーさまよりご意見を頂戴しておりますが、コメントにて特定個人への誹謗中傷となるものは削除させていただきます。ご了承ください」と、やんわりと事態を処理しきれない苛立ちを臭わせた。

とりあえずドリコム側の意見は一旦置いといて、どう対応したのか見てみよう!!と思って見てみたのですが・・確かに広告背景だ・け・は・スキンのデザインと馴染んでる。そして『ドリコムブログからの広告です。』と背景色に馴染まない目に痛い青の文字で堂々と宣伝されている・・・
う~ん・・ そういう事じゃないやろっ!! ヽ(TдT*) ドナイヤッチューネン!


もともとドリコムはスキンのテンプレートを弄れる様にした最初のブログだったり、管理・編集もしやすいし、リアルプレビューとか付いてて凄く画期的な好いサービスをしてたから愛着もあったんだけど、いつのまにこんなユーザーと気持ちの乖離したサービスに成り下がっちゃったんだろ?
経営難で広告を入れるにしろ、もっと別の方策を取っていればここまで酷い事にはならなかったろうに。これじゃ逆に経営が行き詰まるよ。(T-T)
今回の事でかなりのユーザーの心が離れたみたいだし、 これで一歩他のサービスに後退する結果になってしまったな。ユーザーは素直。あぁ、無常。
2007-02-20 : PRETTY HATE MACHINE : コメント : 0 :
Pagetop


God Domn It !!!

以前のこのページのブログ日記は全ページ同じ構成なのは避けようとドリコムを使っていたんですが、一つ前の日記をアップした後にチェックしてみてビックリっ!!
なんとページレイアウトを全て破壊するかの様にデカデカと素敵な広告様が煌々と輝いていらっしるのです、何・故・かっ!? o(>-<)o キーッ!!

御上曰く、『これまで左サイドバーに固定表示されてたブログ広告「MicroAd」の表示位置が変わりました。メインページ : 最新記事の末尾のみ~』・・・だそうで、今までもスキンを弄れる範疇が異常に狭かったり、余計な物が表示され過ぎてたりと内心密かに気に食わない事も多かったんですが、プレビュー機能や管理が最も楽という利便性からずっと騙し騙し使ってきたのに、事今回の事に至っては・・・
本当にいつも何から何まで至れり尽せりでもうねぇ 我慢の限界DEATHっ!!(笑)

てな訳で住み慣れた我が家を捨てて、新天地で新たなブログ生活をスタートです。
ドリコムさん、今までどうもありがと。そして、FUxxxxx×K U!!!(失礼 笑)

* これから随時過去日記も此方へ移植して行きます。改めて宜しくお願い致します♪ *
2007-02-17 : PRETTY HATE MACHINE : コメント : 0 :
Pagetop


ホーム

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。