スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop


ゲフッ!!

ゾイ先生が引っ繰り返したゴミ箱のゴミを拾い集めるべく、ちょっと目を離した隙に何処の何キーをどう弄ったのかは分からないけど……

数十分分の作業データが忽然と跡形もなく… 跡形も… 無い…

ナイノ… ヾ( ̄□ ̄;) ナイナイ

………いやいやいや、とりま落ち着いて建設的に考えよ… (; ̄ロ ̄)y-~ スパー
ホラ、それでも少し前にセーブ取っといたから最悪の事態は免れた訳だし!
逆に前のよりよく出来るかもしれないと思えば、一周回って結果オーライって事で…



それは無理っ!! (T-T)


一方、ゾイ容疑者は…
20170118a.jpg
フッフーン♪

スポンサーサイト
2017-01-18 : 一滴の涙 : コメント : 2 :
Pagetop


愛を謳おう

以前の日記にも出てたラブ(♀)が死んだという。
まだ僅か5歳の若さで。癌だったという…

シャンの散歩コースにあるお宅に貰われて来たラブは、生まれた頃からずっとシャンと共に育った。
でも僕の事が大好きらしく、凄く甘えてキスしまくるからか、いつの頃からかシャンの嫉妬心が凄く強くなって、遊びに行くのを嫌がるようになった。
だから最近は何か用事があって僕が独りの時に、いつも立ち寄らせてもらって遊ぶようにしてた。
シャンが去勢した際も、ホルモンバランスの変化からか以前の仲良しな犬達から吠え立てられる様な事になっても、一切変わらずシャンを受け入れてくれた貴重な子だった。

最後に見かけたのは2カ月程前の散歩の途中。はるか遠い先に見かけ、ラブも僕が近づいて来るのを座って待ってたのだけれど、それを見たシャンがやはり嫌がり途中でルートを変えてしまったので、以来ずっと会う事のないまま… その事が何故かずっと頭の片隅で気にかかってた。
亡くなったのはどうもちょうどその頃の事だったらしい。

ラブの死を教えてくれたのはラブの家の隣のお父さんで、この方はザ・猟師町の男!って感じの厳つくておっかない顔したおじさんなんだけど、話をしてくれた時は同じ人だとは思えないくらい穏やかな優しい顔で、色々な事を僕に話して聞かせてくれた。
普段恐い感じな分、逆にその優しさが、温かさが、想いが伝わるから、僕はどうにも我慢出来なくなって、夜の暗がりで誰にも見えない事に安心して、散歩中ずっと泣き続けた。。。

去年、プレマがその短い生涯を終えた時、抱きかかえた腕の中から熱が、命が失われて行くのを痛感して以来、何とか普段は普通でいられるものの、『命』を感じる際には決まってフラッシュバックの様にあの瞬間の記憶や感情が蘇えって来て、普段仕舞い込んでるものが溢れ出しそうになる。

生まれたからには、いずれは必ず果てる理の生命──
ネイティブ・アメリカンの教えに貴方が生まれた時、周りの人は笑って、貴方は泣いていたでしょう。 だから貴方が死ぬ時は、貴方が笑って、周りの人が泣く様な人生をおくりなさいという言葉がある。

あの子は笑って逝けただろうか? 苦しまずに、笑って…

……今はただ、そうであって欲しいと強く願う。

20140727.jpg


おやすみ。 また何処か綺麗な場所で… 逢おう
2014-07-27 : 一滴の涙 : コメント : 4 :
Pagetop


R.I.P. H.R. Giger...

昨日、ALIENのデザイナーとして知られるギーガー氏が逝去されたという…
18で漫画描きとしてデビューしたのに、全くと言っていいほど漫画もアニメも見なかった僕にとって、創作のノウハウなどはほぼ映画から学んだと言っても過言でなく、中でも保育園時代に生まれて初めて観た映画 『エクソシスト』と、光と影のコントラスト、演出やレイアウト感覚を小4の頃に植えつけてくれた『エイリアン』は僕にとって別格の作品で──

その『エイリアン』を監督したリドリー・スコットは今でも僕が最も敬愛する監督の一人でもあり、その彼の一作目の『エイリアン』のコンセプトデザイナーであるH.R.ギーガー氏と、2作目のSF作品でもある『ブレードランナー』のコンセプトデザイナーのシド・ミード氏は、僕と同年代の絵描きにとってはある種の遺伝子継承と言っていいくらい影響を受けてる者も少なくなかったりする訳で…
だからこそ、そんなギーガー氏の死は僕にとって一つの時代の終焉を見るのにも似た、何とも言えない喪失感を禁じえません。

氏の元気な姿を最期に目にしたのはそのリドリー監督の最新作にして、もう一つのエイリアンの物語でもある『プロメテウス』のメイキング映像だったのですが、その中では『プロメテウス』の続編に参加する事に意欲を見せてらっしゃったのになぁ。。。

偉大な先達のご訃報に接し、ご生前の筆舌に尽くし難い程の多大なるご功績を偲びつつ… 謹んで哀悼の意を表したいと思います。
2014-05-14 : 一滴の涙 : コメント : 0 :
Pagetop


SiCKNESS

年末にT氏と会う予定だった飲み会… 凄く申し訳なかったけど会わなくて良かった!!
前回の日記の結果ですが──

インフルA型でしたよよよよ… コロコロ o...rz

死んだ様に数日間の間、一時間半の爆睡→悪夢→起きても見る幻覚→一時間半の爆睡に戻る、ってのを無限loopしながら延々と繰り返し体験していました。
起きてるのに鮮明に見てた幻覚は、空中に目に見えない透明の容器の様なものがあって、それが刻一刻と形を変える度に中をチャプチャプと牛乳の様なものが波打ってたり、と本当に全く意味不明で…

一番朦朧としてた時期に家族と会話してたらしいのですが、訳の分からない形而上学の様な哲学の様な話をしてたらしく、今回ばかりは一時、家人も真剣に頭の中身を心配したらしいです(苦笑)
今現在は新年早々開いたばかりの病院で診察を受け、タミフルと処方された薬を飲み、ゆっくりと長時間睡眠を取ったので、お陰様で無事峠を越えたようです◎

それにしても、無理して会っていたら今頃絶対に伝染してたもんな。
ドタキャンで申し訳なかったけど、とりま伝染さずにすんで本当に良かった!! (TT) スミマセヌ…
2014-01-05 : 一滴の涙 : コメント : 2 :
Pagetop


土壇場 DEAD or ALIVE

なっ!? Σ( ̄ロ ̄ノ)ノ ガビン!!

まさかまさかと思っていたものの、いざ実際になるとあたふたする法則が発動中(?)
いや、何事も確認取らない自分が悪いんだけど、基本的に他者は自分を重要視してないというのが基本スタンスなので、口約束って限りなく社交辞令と同義だと思ってる節があって…(苦笑)

僕は中途半端に生真面目なとこがあるから、自分に関しては口約束だろうと全力で求めに応えようとはするんだけど(その結果とんでもなく損害を被る事も多い人生だったが… 苦笑)、他者にそのルールは適用されない事が多いのもまた事実だから、実際他者から求めを明言されるまでは自ら動けないってかさ…
実際それ程は相手も重要視してないのに自分だけ気負ってるのも何か自意識過剰な感じで… ね?

ま・それでいつも実際土壇場に至ってから取り乱す結果になる訳DEATHが。。。

ハイ、死ぬ気で頑張りますっ!! ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
2013-08-05 : 一滴の涙 : コメント : 0 :
Pagetop


RAIN FALL

今日も生憎の空模様。土砂降りの雨の中をシャン散歩に出掛けたのですが──
いつもの散歩コースにある公園に入ると、たまに公園を管理してるんだろう初老の方が開口一番「犬は入るなっつーんだよ!!」と叱責口調で言ったので、一瞬(言い方ってもんがあるだろ)と内心ムッとしつつ、「それはどういう事ですか?」と冷静に訊ねると、いざ面と向かうと僕の怪しさに怯んだのかボソボソと口籠るので、よくよく訊いてみると犬は排泄するから不衛生だとの事…

残念ながら僕は未だ子供を持つ親になった事は無いが、でも親視点で考えればその気持ち自体はよく分かるので、残念だけれど今後はその公園に立ち寄らない様にしよう。。。 (T-T)

ペット飼ってるとこういう事は常にあるから、飼い主の当然の責任として排泄物の回収は徹底しているけど、実際その辺の認識が甘く、疎かにしてる方も少なくないのは正直悲しいね。
でも我が子が可愛くてつい甘やかしちゃうって感覚ですむ話じゃないしね~(苦笑)
他者に対する口調や言い方に関しても同様でさ… 何事も気遣いが大事だな、って改めて思う。
2013-07-30 : 一滴の涙 : コメント : 2 :
Pagetop


『三度目の正直』は『三年目の浮気』くらい不誠実な件

ハイ。もうね… 3回目ともなれば、流石に僕も…… 例によってバッサリと行きたいと思います。
前回に引き続き、マックの1日・数量限定メニュー 『クォーターパウンダー ジュエリー』の第3弾──
ルビースパーク』に関してですが…

そりゃ食べられなかったさ!! ヤレヤレ… (; ̄ロ ̄)y-~ スパー
なんかもう2回食べ逃してる時点で正直逆に3度目だけ下手に食べれるのもさ… 微妙ぉ~(苦笑)

ま・とわ言えね。例によってハイお終い、ではあまりにも芸が無いので──
今回も勿論イラスト代打でお茶を濁しまーす! (オイオイ、その前にもっと言葉を濁せよ… 笑)

20130720.jpg
あ・ちなみに、これまでの代打3人は全てXのキャラクターです。
今回はお局様。前回が柳生パパ。最初のが叉えもん。(勿論、正式名じゃないですよ!)
2013-07-20 : 一滴の涙 : コメント : 6 :
Pagetop


『二度ある事は三度ある法則』という名の伏線

ハイ、という訳で今回はサックリと行きたいと思います。
前回に引き続き、マックの1日・数量限定メニュー 『クォーターパウンダー ジュエリー』の第2弾──
ブラックダイヤモンド』に関してですが…

やっぱ食べれらなかったよ! (((o(≧Д≦)o))) キーッ!!
なんかもう第1弾食べ逃した時点で正直執着心も失せてたけどさ…(苦笑)

ま・とわ言え、ゲット出来ませんでした。ハイお終い、ではあまりにも芸が無いので──
例によってイラスト代打行っときまーす! (オイオイ、最近何だかノリが自棄っぱちだな… 笑)

20130713.jpg今回は衣装デザイン(1時間)込なので、3時間楽描きです
(((; ̄Д ̄)))


2013-07-13 : 一滴の涙 : コメント : 4 :
Pagetop


GRASS on the GLASS

連日ずっとデジタル作業を続けてるせいか最近つとに目の消耗というか、霞み目状態が酷い。。。

目薬を点しても×2事ある毎に視界がぼやけて、たまに数秒間物が見えなくなったりもする。
もう何度も切ったり縫ったり手術を繰り返したポンコツの目だから、さすがに「次」は無いだろうしな…
今あるものを本当に大切にしていかないと。

思えば2回目の手術が失敗して、片目だけとはいえ一時期完全に世界が朧気な光と影にしか認識出来ないレベルの、限りなく失明に近い状態にまでなってた時期が一月程あったけど、あの頃の様に内心で燻ってた不安をまたこの歳で体験するのも正直酷だしな~ (T-T)
絵を描くっていう自分にとっての『当たり前』は、当たり前に普遍な事ではなく、案外僕にとっては薄氷の上を歩くくらい不安定な事なんだよな。。。 って事を嫌って程痛感させられる。

仕事量なんかは減らせない分、まめに目薬等でケアしつつ、せめて散歩中はあまりある自然の緑を沢山見る様にする事で、目に少しは好い事をする様に心掛けよ◎
20130711.jpg
2013-07-11 : 一滴の涙 : コメント : 6 :
Pagetop


『限定』という言葉のジュエリーに弱い民族性の哀歌

毎日文章ばっかの日記もなんだし、写真アプするにも撮りに出てないしで、ちょっとした絵でも上げようと思うものの、いざその為のラフを描き出したら「これはトップ絵の方がいいか」「これもちゃんとしたギャラリー向きの絵だな…」とか言ってる間に、描くネタが尽きるというありがちな例のアレ。

20130705.jpg今回も誤魔化し満載の2時間楽描きで申し訳ないっ! (T人T)

で、どうして結局こうなったかというと…
マック信者としてはやっぱ1日・数量限定メニュー『クォーターパウンダー ジュエリー』に関しては絶対に食べておきたいっ!! っていう意気込みの表れ?(笑)
まぁ実際は徒歩圏内にマックが無いので無理なんだけどね~ (; ̄ロ ̄)y-~ スパー

はぁ~1日限定商品…6日、13日、20日か~。。。 (;¬_¬) 何とかならないものか… いや…
2013-07-05 : 一滴の涙 : コメント : 8 :
Pagetop


ホーム  次のページ »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。