スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop


お昇りSUN◎

サイトの仕事情報にも追加しましたが、Amazon Franceに続いてイタリア
最大手ブックストアチェーン Feltrinelli
のサイトの方でもいよいよ画集
の予約販売が開始された様で↓、ほんと連日ドンドン胸が高まりますっ☆
http://www.lafeltrinelli.it/products/9788862330176/Art_of_ryo_kanai/Kanai_Ryo.html?prkw=Ryo%20kanai&srch=0&Cerca.x=0&Cerca.y=0&cat1=1&prm=

Feltrinelli (フェルトリネッリ)』は日経ネットなどでも取り上げられる程、
イタリアでは有名な最大手ブックショップで、近年では同イタリアの最大手
レコードメーカーでもある『リコルディ』とのコラボレーションで、大規模な
店舗をスタートさせたり、次々と革新的なショップ展開をする事でも有名◎

このフェルトリネッリは昨年10月に『フェルトリネッリ インターナショナル』
という洋書専門ラインをスタートさせたばかりで、現時点での日本関連取り
扱い商品は辞書と、ファッション誌 日本版ヴォーグのみとか・・・

3冊目が僕の本で大丈夫っすか??? (((; ̄Д ̄)))
スポンサーサイト
2010-01-27 : 『Liner Notes Of 陰陽』 : コメント : 0 :
Pagetop


その瞬きに。

日本語訳の調整も終了し(そう。なんと画集は贅沢にも数ヶ国語でコメント
が収録されているのです)、画集の作業もいよいよデザインやレイアウト
等の大詰め部分に突入し、本格的に発売まで秒読み段階に入った気配。

今回のプレ画集はアートコミックと違い、ハードカバーや特殊な装丁仕様
ではないけれど、僕やマッシモさんはもとより、Pavesio社のデザイナーの
ジュリアナさんや社長も含め、全員でロゴやデザインに至るまで話し合い、
心血注いで作り上げたので、きっと好い物に仕上がってくれると思います☆

思えばここまで色んな事があって、とんでもなく起伏というか、艱難辛苦が
あった様な気もしますが、今となっては全てが成長の糧となった気がします。

まだまだ今月末まで作業が色々残ってますが、もうあと一歩。
今が心臓破りの坂道で一番辛いですが、全力で駆け抜けたいと思います!!
2010-01-21 : 『Liner Notes Of 陰陽』 : コメント : 5 :
Pagetop


OUROBOROS

Anteprima-221-page-90.jpg
サイトのワークス欄にも追記しましたが、イタリアのPanini社が発刊する月刊漫画誌『Anteprima』の221号にて、1ページ分まるまるっと画集の宣伝をして頂いてるらしく、イタリアの相棒 マッシモさんが早速画像を送ってくれました◎

少しづつ、世界で歩み始めてる我が子を見守る母親の様な心境 (((; ̄Д ̄)))

掲載号の表紙がコードギアスだったりなんかして、日本の相棒 竹屋のアレがソレな感じだったりする訳で、そこにも何か不思議な縁を感じてみたり。

画集の表紙はタイトルに併せ、ご覧の通り陰陽を表す対極図をモチーフとしてるんですが、こういった事一つとってもやはり全ては円環の内に在るのかもしれません。
2010-01-20 : 『Liner Notes Of 陰陽』 : コメント : 2 :
Pagetop


LIGHT MY FIRE

ついにamazon.フランスでもいよいよ画集が販売予約開始みたいです! ↓

http://www.amazon.fr/Ryo-kanai-the-art-of/dp/8862330170

ふと今考えると、何だかんだで僕の初のオリジナル作品な気が???

これまでの小説の挿絵や原作付きの漫画などは、コラボ作品ではあるもの
の、純然たるオリジナル作品とは言えなかった訳で──
そう考えると感慨もひとしおと言うか、これまでの努力が全て報われる瞬間!!

しかも日本で人気の作品が海外で翻訳されて出版された訳じゃなくて、純粋
に日本人作家による海外産の作品な訳で、フランスですでに活躍中の先輩、
寺田亨さんを除けばほとんど前例がない事で、しかもイタリアでは多分初の
事だと思うし、発売前から複数国で発売が確定してる事も考えれば、本当に
異例の本ではないかと(しかも本国日本ではマイナー作家だしね 苦笑)。

これも全てこの画集の製作に関わってくれたスタッフみんなの努力の賜物
なので、その想いにキッチリ結果で返答出来る様に頑張ろ!!と改めて痛感。

元来大きな事言うのはほんと苦手な性格なんですが・・・
僕ら全員で精一杯頑張ってますので期待してて下さい!! (((;>Д<)))b

2010-01-13 : 『Liner Notes Of 陰陽』 : コメント : 0 :
Pagetop


GET SO HIGH!!

何だか続々と海外で画集発売に向けての販促宣伝活動攻勢が始まった様で、
フランスで有名な漫画専門情報サイト『Manga-news.com』さんでも画集の
宣伝をして頂いてるみたいです(サンプルもちょっと見れちゃったりします)。↓

http://www.manga-news.com/index.php/actus/2010/01/11/The-Art-of-Ryo-Kanai

極東の島国のマイナー作家による、小説の挿絵などのメイン仕事をあ え て
収録してないという、限りなく描き下ろしライクな暴挙とも取れる画集
対し、フランス読者の方々の本当に暖かい声援の一つ×2が胸に沁みます!

日本人と外国人の映画の見方の違いにも通じる話だと思うんですが、発売
前からこうしてコメント貰えるのって、日本ではあまり無い事だと思うんで、
こういう声がほんと作家にモチベーションと活力を与えてくれますっ☆

この期待に応え得る作品の数々に出来る様に頑張るぞ!! (((;>Д<)))b
2010-01-12 : 『Liner Notes Of 陰陽』 : コメント : 0 :
Pagetop


ホーム

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。