pardon?

今日で6月も終わりDEATHって?
しかも今週も終わりDEATHって?
さらに今年上半期も終わりDEATHって?

ハッハッハ… まさかそんな事ある訳… (((;¬_¬))) ガクブル×2
スポンサーサイト



2013-06-30 : 終日ノタリゝ : コメント : 8 :
Pagetop


CODE:19

随分としばらくぶりに以前漫画を描く際に使った資料を引っ張り出して来て、早朝(てかむしろ深夜? 苦笑)から重箱の隅に至るまで塗り倒すくらいの気概でちまちまカラー作業を続けてます。
古今と頃ずっと仕事優先でサイト用新作や僕自身が楽しむ為の絵を描き下ろしたりする事が出来ずにいたので、日頃溜め込んでた心の奔流を解き放つ刺激に感覚が打ち奮える思いを味わいつつ♪

今製作中の内の数点は全体的に日本画的手法も若干試験導入的に試しつつ、最終的には切り絵や木版画と日本画的手法のハイブリッドを志向してはいるんですが、さてどうなります事やら…

201306291.jpg
ちなみにこの画像は以前読み切り漫画としても描いたあの方のイラストだったりします。
白黒Ver.のはイタリアでの小説挿絵として公開済ではあるものの、今回のカラー版は勿論、基本的にはどちらも日本未公開の絵なので、ようやく久々に目新しい作品を観て頂く機会を得る事になります。

201306292.jpg
他にも此方を含め、同様の挿絵のカラー版もう2枚と、サイト絵としては実に数年ぶりの完全新作を以って、本格再始動の表明に代えさせて頂こうと思っております☆

さて、僕の2013年はいよいよここからが本番。 頑張ろっ! (((;>Д<)))b
2013-06-29 : OFF SHOT : コメント : 6 :
Pagetop


SUSHIDO -寿司道-

皆様、スシドというものをご存知でしょうか?──
僕も今回初めて知ったのですが、タイのミスタードーナツにてこれまで数回に亘り、期間限定の特別企画として寿司とドーナツを融合させた『スシド・デライト』通称スシドが発売され、人気を博しているとか。
しかも売り子の女性にはハッピ系の羽織まで着せ、寿司イメージを演出するそつの無さ。
201306281.jpg

僕的には寿司とドーナツの融合を試みた時点でハイセンスとかいう評価を軽く通り越して、既に狂気すら感じるコラボレーションなのだが、ま…でもそうは言いつつも、純粋に寿司好きとしては恐いもの見たさも手伝い、正直心のどこかで若干食べてみたいと思ってる自分もいたりして… (苦笑)

ちなみに実際の商品はあくまで寿司のイメージを模して作られたスイーツであり、鮮魚などの寿司ネタを使用してはいないとの事↓ (写真は全て日刊SPA!よりお借りしました)
201306282.jpg

な~んだ。。。 (恐いもの見たさ+安心=興味半減の不思議 苦笑)
2013-06-28 : 終日ノタリゝ : コメント : 4 :
Pagetop


SHOOT OUT!

昨日日記からの流れって訳じゃないんですが、近頃ほんとシャンの親馬鹿としての度が過ぎてて、ついには只今準備中の作品にもシャンをイメージした生物を出そうかと目論み始めた今日この頃。

いざ描くとなったらもっと小型犬状態にし、多分本当の犬じゃないもっと謎生物的な──
実際のシャンは歩く度にピヨピヨと耳が跳ね、道を曲がる時にはウインカーみたく進行方向の片耳が上がるので、その様子をまんま活かす形で作中では耳を羽状にしたいと考えてるんですけどね。
(ちなみに少女主人公で不思議生物と契約して戦う的体の作品ではないですよ。 笑)

その為には何はさて置き、まず資料!って事で、大手を振り大義名分の下に思い切ってシャンの写真を撮りまくるぞと、最近散歩の際には常にカメラを持ち歩き、休憩時はここぞとばかりに写真を撮り捲くりな毎日なんですが、ところが前の日記にも書いた通りペットと飼い主は似る為かどうか、シャンも僕同様写真を撮られるのが正直好きではないらしく、レンズを向けるとすぐそっぽを向いてしまう始末。
まさかこんな形で子供に煙たがられた際の親の心情を擬似体験する事になろうとは…(苦笑)

全く… 親の心子知らずとは当にこの事ですわ… (  ̄ロ ̄)y-~ スパー


一方、件の当人(てか)はというと──

いつも×2、あんちゃんのカシャ×2に付き合うの面倒やねん。
全く… 子の心親知らずとは当にこの事やわ… U-(ェ)-U フー…
201306272.jpg

…とか思ってそうだよな、お前(苦笑)
2013-06-27 : 愛の育児日記 : コメント : 2 :
Pagetop


幻の生物ゲットだぜ!! ∑(◎)( ̄^ ̄) ガシッ!

2013年6月26日未明──
石川県某所のある家庭にて、謎の生物らしき唸り声がすると同宅の家人が住宅内を方々捜索してみたところ、正体不明のつぶらな瞳の長毛種を発見したとの事。
発見者の哉ヰ涼氏は「最初はイエティの子供かと思った!!」と語っているという。

20130626.jpg
(写真提供 哉ヰ家)


…って、U-(ェ)-Uのチン○画像じゃねーかっ!! Σ( ̄ロ ̄ノ)ノ ガビン!!
2013-06-26 : 終日ノタリゝ : コメント : 4 :
Pagetop


一握の砂

色々なものが大詰めを向かえ、様々な事が佳境を迎えつつある様で、やおらまた周囲に慌しい気配が漂い始めた事に若干の不安を禁じえない近頃… 今日和、僕DEATH(それはもう色んな意味で 笑)

それにしても『働けど働けどなお我が暮らし楽にならざり』をここまで忠実に体現した生活を未だに継続中ってのも何だかな~(苦笑)
実際多くの事を手放さない様に強く握ろうとすればする程に指の間から零れてしまうものだけどさ…

何かを得る為に仕方なく何かを犠牲にする場合も… って考え方自体元々好きじゃないから、子供みたいに出来る事なら全て大事に抱えて行けたら良いのにって思ってしまう僕はまだまだ青臭いのかな。
とはいえ出来る事からコツコツと進めて行くしかないのも分かってるんだけどね。
ま・今日零してしまったものを次の機会には取り零さず済む様に、日々握力を鍛えて行くしかないか。

いよいよ此処からが夏本番っ!
9月・10月の諸々に向けて、改めて気合入れてきますかっ!! ( ̄^ ̄)ゞ ビシッ
2013-06-25 : 露天ブロ : コメント : 4 :
Pagetop


可孵化ノ変身

地球と月が最接近したタイミングで満月か新月を迎えた時に観られるというスーパームーン
その頃ちょうど頭痛に耐えかね痛み止めを飲んで眠りの淵に身を横たえた頃だったので、世界でその様な現象が起こっているとは全く知らなかったのですが、その後数人の友人達から「月といえば哉ヰさんのイメージなので、ふとメールしてみました」ってメッセージを頂き、その存在を初めて知りました。

僕にとって月とは幼少期にある経験をした事がきっかけで、凄く特別な親愛や畏敬の念を抱く対象になったのですが、そんな月とイメージを重ねて頂けるって事は僕にとって身に余る光栄ですし、またその事をきっかけに僕を思い出し、久しぶりに連絡を頂ける事も凄く×2ありがたいです♪

月は太陽と違い、自ら輝く事は出来ません。
太陽の光を反射する事で、暗闇の中でのみその淡く柔らかな灯で照らす事が出来るのみです。

残念ながら僕も今はまだ自らの雄雄しい力で輝く事は叶ってはいませんが、こうして多くの友人・知人達に照らし支えて頂く事で、最近になってようやく少しだけは自分らしい光を見つけられた気もします。

だからこそいつかは…
実際にあの月の様に誰かが闇の中で迷う時には、そっと一条の光で行く道を照らせる様で在りたい。
また誰かにとってそういう役割を果たせる作品を生み出す作家でありたいと強く思います。
それまでには未だ×2遥か遠く、未熟な身には艱難辛苦の道程が待っているけれど…
その『いつか』の為に『』を惜しまず、精一杯急ぎ足で頑張ろうと思います。 (((;>Д<)))b

月ノ蛹ヨリ出デシモノ 化生ノ果ニ相成ランヤ。。。
2013-06-24 : MESSAGE IN A BOTTLE : コメント : 4 :
Pagetop


ENTRANCE… 縁TRANCE?

世間では自宅警備員というと穀潰しやニート等といったイメージが付いて回りますが、我が家の警備員は徹底した警備体制で家族をあらゆる外敵から守る為、日夜万全の構えで警戒を怠りません。
そんなシャンなので、本日も郵便さんがポストに手紙を投函すると共にけたたましくサイレンという名の野太い咆哮をあげ、僕を心地好い眠りの中から無理矢理引き摺り出してくれました(苦笑)

例によって寝始めて未だ1時間半…
眠たい目を擦り×2、手紙を手に自室へと引き返そうとした瞬間、おもむろに普段はよく観察していなかった我が家の玄関を改めてまじまじと見つめました。

ちなみに『玄関』とは──
本来は仏教用語の一つであり、真理を求め大道へと向かう為の場。
つまり元々は心を穏やかに保つ和みの場であると同時に、内(界)と外(界)という異なる価値観の境界間を行き来する事で、己の真を問う為の場であった訳です。

閑話休題。
そんな我が家の玄関ですが… 何じゃこのとっ散らかりぶりは!?
20130623.jpg
(しかも中尾巻きの何か訳分からんモノもおるし、玄関マットが風神・雷神だし 苦笑)

そりゃこんな玄関から出入りしてる様じゃ、僕も真理になんてまだまだ縁遠い訳だ…(苦笑)
2013-06-23 : 終日ノタリゝ : コメント : 4 :
Pagetop


f*lowlish

いつもの様に辿る散歩道で訪れた公園。
そのベンチ側に置き忘れられた花飾り。
ぼーっと眺めながら思い出した事がある。

それは遠い記憶。幼少期のある日。
今はもう思い出せない誰かが僕に花飾りを作り、腕に付けてくれた。

『これをしてると何でも叶えたい夢が一つだけ叶うんだよ』

他愛ない子供の世界の一時の魔法。
照れ臭さにふーんとか言いながら、子供な僕は願ったのだろう。

高校を卒業するまで絵の一枚すらまともに描かないまま
僕は高校を卒業するのとほぼ同時に漫画家になった。
そして今も辛うじて絵描きの末端に在り続けている。

あの日、誰かがかけてくれた魔法のお陰かは分からないけれど。。。


すっかり萎れてしまった置き去りの花飾り。
この花飾りにも誰かの魔法が込められてるんだろうか?
もしそうなら、どうかその願いが叶いますように。

20130622.jpg
2013-06-22 : 『f*lowlish LIFE』 : コメント : 4 :
Pagetop


闘いの狼煙

今朝の事── 隣の部屋でテレビを見てたはずのオカンが突然一枚のシャツを取り出して来た。
一見ポロシャツ風で襟付きの黒いTシャツに、光沢のあるインクで方々に様々な柄が入ってるのだが、朝一の急展開に戸惑って無反応でいる僕にオカンが一言。
「アンタ好みのヤクザラインだろ?」 (≧▽≦)b キャハッ!

こちらに向けられたバックプリントにはラメで描かれたがしゃどくろ!
20130621.jpg
(* 厳密には水木しげる先生が著書『日本妖怪大全』で歌川国芳の『相馬の古内裏』を参照し描いた妖怪図)


……いやいやいやいや、お母様ぁぁぁあ⇒!?

我が母ながらもうどっからツッ込んでいいものか、ポイント多過ぎて捌ききれないしっ!(苦笑)
光物で髑髏ならRoenとか他の選択肢もあったでしょ(いや、ロエンも正直好みじゃないが…)
てかそれ以前にヤクザラインって何っ!? どんなブランドが立ち上げたラインよ (((; ̄Д ̄)))
確かに最近蝋結染とかブリーチ加工した和柄系の服ばっか着てはいるけどさ。。。

やり取りを見てた元アパレル系カリスマ店員だった弟が冷静に一言…
「オカン、兄ちゃん音楽のイメージでドクロ好きそうだけど、実際ドクロ系一枚も持ってないよ」
ありがとう。やはり持つべきは理解力あるおと… って、お前そのイメージも……(苦笑)

息子の為を思い服買って来てくれる母心はほんと凄く×2嬉しいんですけどね!
いや、いかがわしくて気に入ったんで、ありがたく着させて頂きます、ハイ。。。 (TT) アザッス!
2013-06-21 : 終日ノタリゝ : コメント : 6 :
Pagetop


ホーム  次のページ »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME