TIME FLIES

はぁ~… また貴重な一月が一つ失われていった。。。
溜息つくと幸せを一つ逃しますぜ?  (;¬_¬)y-~

何か今月は脇キャラのデザインに終始してしまった感が… (((; ̄Д ̄)))
何だかんだ言いつつ実は主人公のデザインに全く手をつけていない事に今更ながら気がついた、夏。

いや、何か最後を 夏。で締め括ると好い感じに見えるかな?って気がしたから、夏。(しつこいか 笑)
スポンサーサイト



2013-07-31 : 終日ノタリゝ : コメント : 0 :
Pagetop


RAIN FALL

今日も生憎の空模様。土砂降りの雨の中をシャン散歩に出掛けたのですが──
いつもの散歩コースにある公園に入ると、たまに公園を管理してるんだろう初老の方が開口一番「犬は入るなっつーんだよ!!」と叱責口調で言ったので、一瞬(言い方ってもんがあるだろ)と内心ムッとしつつ、「それはどういう事ですか?」と冷静に訊ねると、いざ面と向かうと僕の怪しさに怯んだのかボソボソと口籠るので、よくよく訊いてみると犬は排泄するから不衛生だとの事…

残念ながら僕は未だ子供を持つ親になった事は無いが、でも親視点で考えればその気持ち自体はよく分かるので、残念だけれど今後はその公園に立ち寄らない様にしよう。。。 (T-T)

ペット飼ってるとこういう事は常にあるから、飼い主の当然の責任として排泄物の回収は徹底しているけど、実際その辺の認識が甘く、疎かにしてる方も少なくないのは正直悲しいね。
でも我が子が可愛くてつい甘やかしちゃうって感覚ですむ話じゃないしね~(苦笑)
他者に対する口調や言い方に関しても同様でさ… 何事も気遣いが大事だな、って改めて思う。
2013-07-30 : 一滴の涙 : コメント : 2 :
Pagetop


BY THE WAY...

昨日に引き続き今度はお局様の絵について。マスクを外した状態も見てみたいと何人かの方々から言って頂いたんですが、実は作画方法の都合上マスクを別パーツとして分割してあるので、せっかくならマスク無しVer.も見て頂こうという事で、一部トリミングした状態のものをば。

美しいとか素敵だ妖艶だと褒めて頂き、当人は満更でもなさ気な顔しながら内心狂喜してそうですが、ぶっちゃけ深剃り3枚刃なアレな人です。
201307212.jpg

身体検査の時にクラス担任から「斎藤、On the 眉毛っ!」と注意されるどころか──

NO 眉毛ですからね。。。 (((; ̄Д ̄))) ガクブル×2

なんか侍女連中とかにまで全員『眉無し 白塗り おかっぱパッツン』とか徹底させてそ~(苦笑)
2013-07-29 : 『Liner Notes Of X』 : コメント : 0 :
Pagetop


QUENCH ONE'S THIRST

今日も朝から打ちつける様な生憎の激しい雨。
今年の梅雨入りは例年より一週間程遅かったから、梅雨明けも同様に一週間遅くなるのかな?

一般的には梅雨明けを以って『本格的な夏到来!!』とする向きがあるらしいけど、こっからが夏本番ですとか言われても、超夏嫌いとしては「だったらこれまでの暑さはリハ? てかそんなリハならマジ要らねんすけど…?」とかヤサグレちゃうよ、オイラ。。。 (; ̄ロ ̄)y-~ スパー

猛暑が続いて全国的な水不足や熱中症に倒れる人がいるよりいいんだけど、一方で山間部の人なんかだと土砂崩れや鉄砲水の被害などもあるから、何事も『程々』であるに越した事はないんですけどね~(苦笑)

それでも草花にとっては恵みの雨なのかな…?
201307291.jpg
2013-07-29 : 終日ノタリゝ : コメント : 0 :
Pagetop


CHECK BOTH!

あ… もう通常版だけじゃなくて限定版パケ絵の方まで公開されてるのか(笑)
てな事で、拙作で恐縮なんですがこちらの限定版パッケージの方なんかも描かせて頂いてます。
(↑では通常版・限定版共に大きなサイズでパッケージ絵を御覧頂けますので是非♪)
もし宜しければご近所でお見かけの際は是非手にとって見てやって下さいませっ☆

20130727.jpg


そいえば作業を終えてから1年以上経ってるにも関わらず、相も変わらず全く情報公開されてないゲームがまだ3作程在った様な無かった様な…
よくよく考えれば半年以上経ってるイラスト仕事も2件以上あるな~ (; ̄ロ ̄)y-~ スパー

やっぱ何処かに帰属するんじゃなくて、インディペンデントでも一定のスパンとスピードで作品を発信出来る様に、来年からは自ら色々舵取りして行くように努めたいと思いますっ!!
此処ももっと活発に攻め方面の更新するようにしないとな。。。
2013-07-27 : WORKS : コメント : 2 :
Pagetop


HEART

Webのストリーミング機能を活用し、購入者には許諾フリーのネタをシェアするというコンセプトの基に本が作られた、という記事を今さっきネット上で目にした。 煽り文句は──

新人賞を狙う作家のタマゴ
作家へのネタ提供を望む編集者
コンテンツ投資を考えている投資者
のお手伝いをする本
(原文ママ)

との事なんだけど、大きなお世話なのは重々承知の上で少し思った事がある。
僕は17歳の終わりに角川で漫画家(今とは別名義です 笑)としてデビューしたんだけど、以来出会った人達で今も現役であり続けている方々は正直決して多くはない方だと思う。
その理由を考えた時に一つ思うのは、結果的に成功したかどうかに関係なく、デビュー以前に最終到達地点として設定された場所が「こんな作品を描く作家になりたい」とイメージしていた人と、只漠然と「作家になりたい。デビューしたい」と思ってた人の違いの様な気がしないでもない。

多分これは作家に限らず他の多くの仕事にも言える事だと思うんだけれど、「この職業になる!」と思うのは自分にとって果たしたいビジョン在りきで導き出された答えであると思うんだけれど、もし仮にそれが無いのならじゃあ何の為に到達目標がその職である必要が? って正直思ってしまう。
例えば映画でいう『演出』として作劇する事にしか興味が無くて、後は絵さえ描いてお金が貰えるなら…っていう、原作付き志望の方もいるとは思うけど、でも何か理路整然と纏め上げられたものではなくとも、何か内から生まれて来るものがない人には、結果作家という職業はやはり向かないと思う。


デビュー前で商業誌掲載を前提とした雑誌カラーなどの縛りにも囚われる事無く、只ひたすら自由にものを創造出来る悦びだけに思い切り浸れる幸福な時期…
それこそ作家のタマゴなら描きたいものが山程あって当たり前だと思うし、僕なんて今でも残りの生涯どころか後2回転生したとしても描ききれないだけのネタがあるから、どう考えても遅筆な身の自分には昇華出来ない…って事の方が悩みなのにな。。。 (; ̄ロ ̄)y-~ スパー

同様に作家へのネタ提供を望む編集者ってのも訳分かんないな~。
じゃあその編集さんは作家さんと二人三脚で何するつもりなんだろ。原稿の受け取り???

投資家の件に関しては縁が無いから全く分かりませんけどね(あ・もし良ければ僕に投資してみませんか? 投資するに足る企画書作って持って行きますんで♪ 笑)


情報化社会だ、グローバル化だ、っていう前提を基に様々なニーズが生まれるのは分かりますが、手塚先生の生誕85周年の今年──
ある意味漫画が発展期に入り僅か85年程度の今、創り手側がもうオリジナル要素が出尽くしたとか安易に言ったり、受け手側にそう言われちゃう現状は正直凄く悲しく、憂慮すべき事態だと思います。
作家としては末席中の末席で体育座りしてる僕なんかが言えた義理ではないのかもしれませんが…

作家たる者、これから作家たらんとする者。
描くべきネタは無くても、気概だけは失くさない様で在ってほしいものです。
2013-07-26 : INSIDE VIEW : コメント : 2 :
Pagetop


CHECK IT OUT!

ハイ。てな事で(?)、18日の日記で少し触れていたソレについていよいよ情報が解禁されました!

毎度×2ギリギリになってから遅々の告知で申し訳ないんですが、本日25日発売の週刊ファミ通様にて、去年の下旬からずっと取り組んで来た『月英学園 -kou-』初報を掲載して頂いております♪
(より詳しい情報に関しましてはこちら)

思えば杉田くん、熊ちゃんと3人で同人小説として『月英学園』を発表したのが2010年の冬コミ──
原作・小説・挿絵という最小構成で、まるでスリーピースバンドの様に作品本来が持つ"の様なものだけを信じて走り始め… 以来3年の経過と共に実に様々な事もありましたが、こうして再び(しかも今度は商業作品として)新たな物語を皆様にご披露出来る事には凄く感慨深いものがあります。

20130725.jpg

今回も末席にてほんの少しですが参加させて頂いております。
もし良かったら応援の程、何卒宜しくお願い致しますっ☆ (๑≧♉≦) テヘペロ
2013-07-25 : WORKS : コメント : 2 :
Pagetop


雨に唄えば

本日は朝から土砂降りの雨。
雨粒が大きいから止んだとしても蒸しそうだな~ (;¬_¬)

弟は今日から数日間、毎年恒例のフジロックでの出店の為に数日間はお出掛け。
オカンは日勤と深夜勤でほぼ1日いない訳だし、他の事に気を取られないこんな珍しい日は、久々に音楽で外界から自分を遮断する事にして、集中して作業に励むとするか! ビシッ! ( ̄^ ̄)ゞ
2013-07-24 : 終日ノタリゝ : コメント : 2 :
Pagetop


予想GUY

相変わらず暇さえあれば常にギシギシ言わせてるハンドグリップ…
サブユニットの為に鈍った身体のリハビリも兼ね握力を鍛え直し、おりあらば時期的な事もあるし、上手く事が運べば各部位が引き締まりタフガイボディに… なんて淡い期待を抱いてたんですが──

どうして筋肉が付いて太くなった、俺の腕っ!!

中国の武道家の様な無駄の無い細マッチョを目指してたのにっ! (((o(≧Д≦)o))) キーッ!!
全く… これじゃタフガイどころか。。。以下同文
2013-07-23 : 終日ノタリゝ : コメント : 2 :
Pagetop


BREAK ME DOWN SOFTLY

少しづつ今の自分なりの絵柄や塗り方が定着してきた為か、今度は逆に何だか絵の手法や雰囲気が固まり過ぎてる気がして、また自己破壊の虫が疼き出してきた予感。。。
絵が描きあがったら燃やす的指向なんて、アーティスト気取り!?(苦笑)

でも凝り固まった心・手法からはやっぱ強張ったガチガチの作品しか生まれない気がするんだよな~。
もっとその時の気分で雰囲気は勿論、作風や絵柄だって別に変えて良い気がするし。
もっともそれはある程度まで確り自分らしさが確立された上で初めて成立する事なんだろうけどさ…

デッサンどころか絵自体を学んだこと無い事が、自分の中でずっとコンプレックスの元になっている部分がどこかにあって、キャラの表情や動きを『崩す』事が出来ずにいた気もするんだけど、強い感情の昂りや変化を表現するにはもっと絵自体を崩して行く事にも恐れず挑戦して行かないとな。
事を成す信念は固く、でもその為の手段は柔らかく、ってとこか。

求められるものに対しては安定した質を保つのが基本前提ではあるけれど、もっと常に予定調和じゃない新鮮な驚きを提供出来る絵描きでもありたいし、そのコントラストが今後の最重要課題だな。
2013-07-22 : 終日ノタリゝ : コメント : 2 :
Pagetop


ホーム  次のページ »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME