DissolveD

もう夏至も過ぎたというのに、この時期に風邪で体調崩して5日以上も寝込む事になるなんて… コロコロ o...rz

1時間半眠っては悪夢を見、魘されながら目覚める、ってのをずっと繰り返しつつ、意識が朧なまま気づけば数日が経過してた様な具合で、目覚めてからもしばらくは夢酔い状態で現実感覚が横滑りして行く様な、足元の覚束無さに未だ若干クラクラしてたりします(苦笑)

普段は「世界」を自分の内と外を含む、ミクロとマクロが内包された物理的空間概念で認識してますが、瞳を閉じ、意識が途切れ、外部から自己を隔絶した状況下に身を置く事になってみると、唯我論でもないけど結局「世界」とは認識という概念上でのみ存在しうるものなんだな…

とか訳の分からない事をブツブツ言い出し、周囲を困惑させるのもこれくらいにして、今日からまた通常業務に戻ろうと思います。 ( ̄^ ̄)ゞ ビシッ!
スポンサーサイト
2014-06-28 : 終日ノタリゝ : コメント : 0 :
Pagetop


BLACK SWAN & RED LADY

商業作家としては致命的な発言になりますが、僕はスケジュール管理が苦手です。
とはいえ勿論、〆切りを遅らせたりするって話では全然無く(むしろ最近は早期入稿の超優等生ですよ◎)、時間の消費の仕方の配分バランスが悪いんですよね… (T-T)

恐らく通常の作家さんなら、決められた〆を前提に、一日のうち何時間作業し、何時間食事等に費やし、何時間眠るかを前提条件に、それらを踏まえた時間の中で出来るクオリティーってのを逆算し、それに添った形で作業するって場合が多いとよく耳にします。

でも僕の場合は基本何をさて置きまず自分が描きたいイメージ在りきで、〆までの時間に描き上がるレベルかどうかってのは完全に度外視しちゃってたりします。 (T-T)ゞ

その結果、限られた中で自分のイメージを完全再現する為に(時間が無いから多少手を省こう! といった様な発想はまるで無い…)、一日のうち何時間作業し(超遅筆だから〆から逆算しても時間が全然足りてないな…)、何時間食事等に費やし(時間無いから食べなくていいや)、何時間眠る(てか寝ないでやっても時間足りないくらいだし… 寝ないでやる)か。。。 て、いつもなってっちゃいます(苦笑)

でも、そろそろそんな無理を続けてたら身体を壊すご老体。
この窮状を打破すべく、ついに我が職場にも敏腕マネージャーが!!
それが彼女!↓ 紅い貴婦人こと、美人秘書 テレジアです!!
20140626.jpg
えぇ… 自分でも何からツッ込んだものか悩むレベルですけどね… (;¬_¬)

携帯を携帯しない事では名の知れた(?)僕ですが、この人スケジュール伝えとくとジリリリ管理してくれますし、ちょっとくらい待ってもらっても…って甘い考えでいると頻繁にジリリリと追い立ててくれますしね。
ゆっくり眠りたいと思い電源オフにしといても、時間が来たら進捗確認でジリリリ… ジリリリ…

まったく… 出来るお人だぜ◎(そもそも人じゃねーけどな!! 苦笑)


ま・一つ困った事は、最近うちの家族まで彼女の管理能力に依存し始めた事でしょうか(苦笑)
2014-06-26 : 終日ノタリゝ : コメント : 2 :
Pagetop


独祭者 ( ̄^ ̄)ノ ビシッ!

相変わらず時々思い出した様に独り祭を催しています(笑)
前回の『暴力と広告のバーホーベン祭』(『ロボコップ』、『トータル・リコール』、『インビジブル』、『スターシップ・トゥルーパーズ』を観賞)に続き、今回は『センスと一点透視のキューブリック祭』(『2001年宇宙の旅』、『時計じかけのオレンジ』、『シャイニング』、『フルメタル・ジャケット』を観賞)を開催しました。 (((;>Д<)))b

何かふとキューブリックが突発的に気になって、何とはなしに観始めたのですが、ちょっと驚いたのはフルメタル・ジャケットの海兵隊訓練所で、訓練兵達が就寝前の祈りを捧げるシーンの祈りが、僕が準備中の作品で侍が刀に対し宣誓する言葉とあまりにそっくりで…

多分僕はこの作品を20年程前に2度ほど見たきりだと思うんですが、それがよっぽど強く記憶に焼きついてたんでしょうか!?(確かに今見てもリー・アーメイが演じるハートマン軍曹のキャラがド濃厚過ぎて、むしろ今もハートマンの登場シーンしか内容が思い出せないくらいなんですが… 苦笑)
201406241.jpg
©Ronald Lee Ermey(Full Metal Jacket)

むしろいっそ敬意を捧げる意味でオマージュとして台詞をそのまま引用させてもらえないかな~
(きちんと許可とって引用元を確り明記させて頂いた上で、銃の部分を刀に換えさせて頂く形で)
2014-06-24 : 終日ノタリゝ : コメント : 0 :
Pagetop


4:18

雨音に誘われて目覚めるあs… さ・寒っ!! (((; ̄Д ̄)))

ふふふ布団布団…(眼鏡、眼鏡的なアレ 笑)
2014-06-22 : 終日ノタリゝ : コメント : 0 :
Pagetop


テク脳(4bit)

いつものシャンとの散歩中、ふと電信柱を眺めながら──

テクノという音楽ジャンルの代表的な特徴の一つに4つ打ちというリズムがある。
よくダンスミュージック等で聴く、バスドラムのドン・ドン・ドン・ドンって四分音符の繰り返しがそれなのだけど、これは謂わばリズムの合理化という減算方で辿り着いた、最も少ない音数で形成された人の高揚する音であり、幾億通りの音の組み合わせからなる音楽が生んだ一つの究極系でもある。

これを音の領域から文化・文明などの日常の領域へ置き換えて考える時、やはりテクノ(ロジー)とは減算方… 例えばチャンネルを変える為に立ち上がる、という手間を省く為にリモコンを。 って具合に、暮らし易さの為に手間を減算する様な技術こそがテクノだと言えるのかもしれない。

そういった視点から僕が準備作で描こうと思っている世界を俯瞰視した時、洗練された都市機能を有する国を描くなら、電線地中化等による災害時の破損リスクを軽減した、ネットワークの安定供給が実現した世界を描く事で表現が可能だし、逆に文明から置き去りにされ退廃した国を描くなら、其処彼処にケーブルが溢れ、混線した様な雑然とした世界を描けば良いという事だ…


──という下らない事を考えてた。
僕が洗練されるには、まずこの無駄な思考を省くとこから始めないと… (;¬_¬)
20140619.jpg
2014-06-19 : INSIDE VIEW : コメント : 0 :
Pagetop


ONENEMY

ここしばらくずっとスランプから抜け出せなくて、好い絵が全く描けません。
中でも女性を描くのはただでさえ昔からほんと超苦手です。。。 (T-T)

男性や老人を描く際には出る、あの過剰なまでの意気込みの様なものが、何故か不思議と女性を描く際にだけ発揮出来ないのは何故なんでしょうか?(苦笑)
媚びとまでは言いませんが、もちっと可愛げのある女性を描く事が出来る様にさえなれば、僕ももう少しくらいはメインストリーム寄りの絵描きになれるのかもしれないのに… などと夢想してみたりもするのですが、ま~凛とはしても愛想の良さが微塵も無いっ!!(苦笑)

なのでしばらくは修練期間として女性の絵を中心に描いて行こうと思います。
とりあえずは悩みながらでも前に踏み出す事だ!
20140617a.jpg


ちなみに本日頂いたありがたい名言or迷言…
「哉ヰくん、ラノベっぽい可愛さが欲しいなら無理な角度からのパンチラだ!

……(脳内シミュレーション中)…… 僕には無理っす!! (((;>Д<)))b
2014-06-17 : 『Liner Notes Of X』 : コメント : 2 :
Pagetop


ZiG ZaG

一時は夏っぽい気温になってたのに、最近はすっかり肌寒い夜に逆戻りな感じです。
とはいえ春と秋が最も好きな─ というかむしろそれ以外は苦手な僕にとって、あの夏の暑さを懐かしむ様な感慨は微塵も無い訳ですが…(苦笑)

でもあまり時期的に考えて逸脱した感のある涼しさが続いてると、温暖化的視点からは今後様々な気象の乱れも予想されるので、何事も程々であってくれたならそれが一番良いのだけど。

突然予想外の熱波とか来たら嫌だな~ (;¬_¬)
2014-06-14 : 終日ノタリゝ : コメント : 0 :
Pagetop


UNDΘ

昨日ピク支部経由で頂いたとあるメッセージの中の一文…
「哉ヰ先生はサングラスをかけてらっしゃるんですね」

!? ∑((( ̄Д ̄;))) ?????… ドドド・ドユコト?

20歳頃までだったらしてた事もある気はするけど、それ以降は… 特に目の手術を繰り返す様になってからは、頂いたオシャレ眼帯をしてた時期こそ頻繁だったものの、サングラスなんてかけてた憶えはないんだけど… と思って探りを入れてみたところ、どうも僕の名前の画像検索でそう思われたっぽく──

20140612.jpg


って、ちょ… その写真、僕じゃなくてアークシステムワークスの森P様ですからっ!!

てか改めて僕の名前を検索かけてみると、これまで一緒に行動させて頂く機会が多かった為か、ヒットした写真の大半がぶっちゃけ… (言わずもがな 笑)

そういえば「先生」ってのも杉田くんがラジオとかで僕をそう呼ぶから、いつの間にか彼のファンの方々にまでそう浸透しちゃってるけど、あれは敬称みたいなもので実際の僕はそう呼んで頂けるほど誰かに教示を与えられる様な存在では全くないし、何より恥ずかしさで耳まで真っ赤に鬱血した挙句に壊死して取れちゃうから、出来ればご勘弁願えないかしら。。。 (≧人≦)
2014-06-12 : 露天ブロ : コメント : 2 :
Pagetop


DISAPPEAR [All Of Efforts]

サイトのリニューアル作業を進めつつ、仕事履歴を更新する際に「こんな仕事少なかったっけ!?」と焦って調べてみたら、企画自体がポシャった作品が幾つかある事が判明…(苦笑)

基本は口約束で成立するけど、ほぼ確実にやったらやっただけ形になる出版業界。
対して、何だかんだ厳密な契約を要求された果てにようやく成立するのに、(勿論様々な要因が絡み、望んだ結果ではないにせよ)やった事が形になるとは限らないゲームやアニメ業界──

しかも契約の如何によっては無くなった企画でも著作権の有無に関係なく作品自体の発表すら規制されるのは、関わった作品の履歴が次へ繋がる個人事業主としては、正直死活問題な訳で… (;¬_¬)

とはいえ、出版関係にしたとこで制作以外の発売・宣伝等を委託してもらう代わりに、著作権以外の権利を全て譲渡した様な関係になる訳だから、結局『作家』と気取ってみたところで、何処かに帰属する雇用される側であり続ける限り、搾取されても仕方ない身分という事なんDEATHね。。。

作家になって20年── そろそろ真面目に次の新しい形を模索すべき時期か。
20140609a.jpg
2014-06-09 : PRETTY HATE MACHINE : コメント : 0 :
Pagetop


Stp × Stp

衣装設定を探してて、堆く積み上げた紙束の中からラフネームを発見。
すわ先日失くした冒頭12ページとストーリーボードか!?と思いきや、以前描いた別の漫画の冒頭16ページ分でした… ;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン!

せっかくなのでこれを機会に、大雑把に僕の漫画の製作過程でも紹介してみようかと思います☆

1. まずコピー用紙にあらすじを大まかに起承転結の4つに別け、それぞれを更にイベント毎に分類し箇条書きにした、段々枝葉が分かれるツリー状のシナリオを作り、それぞれのイベントに演出上何ページ必要か数字をふり、全ての合計数が規定ページに収まるまでイベント数を足し引きしたり、統合したりを調整します。
(同時に別紙にて台詞だけを全て書き出したものを用意します)

2. 次に一枚の紙にページ2枚を合わせ、見開き状態にした全ページ分のラフネーム(構成表)をつくり、実際雑誌に掲載される際どういう印象になるか、見開き単位でざっくり構成しつつ、ここでも足し引きと移動の試行錯誤を繰り返します。
20140606a.jpg

3. 一応担当編集さんに見せる為、コピー用紙1枚につき4ページ分の清書したネームを作りますが、僕の場合、絵はラフネームとほぼ変わらない丸に簡単な表情とか、名前が書いてある程度です(何故ならネームと下描きで2回同じ絵を描くのが嫌だから… 何故ならネームと下描きで2回同じ絵を描くのが嫌だから… 大切な事なので2回言いました 苦笑)
20140606b.jpg

4. 担当さんからOKが出た時点で下描きに入りますが、僕はわりと飽きっぽいのでちょっと下描きをしたらすぐペン入れもしちゃって、この段階の作業はほぼ同時に進行します。
…ぶっちゃけ凄く能率悪いです(しかも僕は超アナログ人間なので、フルデジタル作画タブレット直描きとかは夢のまた夢みたいに縁遠い話です。きっと来世でも未だ無理でしょう。。。)
20140606c.jpg

ここまでは完全にアナログ作業です。線画が全て終わった時点でようやくスキャナに取り込み、仕上げからいよいよデジタルでの作業へと移行します。


5. 完全独学のデジタル技術ゆえ、特に際立った個性的作業も無く、デジタルかアナログの違いってだけで、ただもうひたすら塗って×2 …で、完成☆ :.。.:*・゜ヽ(≧▽≦)ノ゜・*:.。.:
20140606d.jpg


ちなみに例として上げた絵はもう随分と前のものなので、今の僕なら半分以下の作業時間で3倍以上は質の高い絵が描ける様になってるとは思いますが…
どマイナー作家の身なので今後もカラーで漫画を発表する機会なんてまずないと思います(笑)
2014-06-06 : INSIDE VIEW : コメント : 0 :
Pagetop


ホーム  次のページ »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME