BLOODY JELLYFISH

今日は以前から計画していた通り、久しぶりに友人のMUGI君とダラダラ食っ喋ったりしながら遊ぶ ・・・予定だったんですが、急遽予定を変更して病院へと急行する事に!?
というのも、待ち合わせの時間と場所を打ち合わせて電話を切った直後、目に睫毛が入ってる様に見えるんで目薬点してみると、なんと・・・
右側上部から血流がっ!!! ?(?口?;)

昔、頭割って額から眼球に膨大な血が流れ込んだ経験があったんで(笑)、慌てて額に手をやったんですが、色々視点を切り替えた挙句どうやら左目、しかも表面ではなく網膜の中で出血しているという結論に行き着き、MUGI君に泣く泣くキャンテレ入れて、その足で慌ててペニ・プリ騒動の時にお世話になった大病院の眼科に行く事に。

初めての眼科は初診なのでなかなか順番が回って来ず、その間も瞳の中で血は流れ続けて、何時の間にか目の前で常に血で出来たクラゲ(or
おたまじゃくし)が、視点の動きに合わせて揺ら揺らと踊る有様・・・(T-T)
しかもこのクラゲは網膜の中にいるんで、瞳を閉じても見え続けます!?
なので瞳を閉じて光に透かすと、まるで羊水の中で眠る胎児の映像張りに神秘的・・・ なんて悠長な事は言ってられないのですが(笑)。

ようやく順番が来て簡単な診察の後、詳しく瞳の中を見るべく散瞳薬(瞳孔を開く為の目薬)を点眼されたのですが、これがまた瞳孔が1cm大に開く物だから光の調節機能が働かなくて、蛍光灯の明かりすらかなり眩しい感じに。
まるでLSDやった人みたいな自分を鏡の中に見つけて、何時だか観た近未来物の映画の中で、ヤクが目薬タイプだったのを思い出して1人得心が行ったり(笑)。
確かにトリップしてればこの光に溢れた映像は、何らかの幸福を与えてくれる様に錯覚するかもね。

さて、瞳孔がバッチリ拡大し散々目を弄り倒された結果、結局何がどうだったのかと言いますと、網膜の中に原因不明の特殊な腫れがあり、そこから出血してるわけなんですが詳しい事は更に大きい病院で検査しないと・・・という事で、改めて明日紹介状を持って遠くの大病院へと足を運ぶ事と相成りました。

紹介状が出来るまでかなり時間がかかるという事で、待ってる間初めて病院の食堂で御飯食べたり売店で買い物したり、結局半日費やしちゃったけど色々新たな発見(患者の暇を紛わせる為か、どこの書店と比べても病院が一番クロスワード雑誌の種類が豊富って事だったり、実は自分の利目が左目っぽい事に気付いたり 笑)もあって今後の糧にはなった(?)かも。

さて、明日はまたまた見知らぬ地へ遠出です。
果たして眼底出血の真実は明らかとなるのか!?
詳しくは明日の日記での続報を待て (>▽<)/
2004-08-13 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME