歯医者と閉鎖

相変わらずずっと歯医者通いで毎回せっせと神経取ってます(嫌な表現だ 笑)。
もうすっかり不適合社会人として毎日が日曜日(逆に言うと年中無休のHARD JOBなわけですが 笑)の様な暮らしをしているので、いっそ毎日でも通院してさっさと直してしまいたい所なのですが、如何せん「週一の治療で十分です」と言われてるので、患者としては大人しく従うしかありません。やっぱこの調子だと秋までかかりそうだなぁ~ (T人T)

治療を終え家に帰って来てフと思い立って、久しく行ってなかったマイブックマークサイトさんへ・・・ って幾つも閉鎖されてる!? ?(?口?;)
内1つは某所で批判を受けた事を発端として、謝罪を含めた責任を取る形での閉鎖という事なのだけれど、何かこういうのって凄く悲しいなぁ~・・・
僕も絵描きの端くれとして日々オリジナリティを追求しているのは確かだけれど、悲しいけど人が考え得るセンスにはやはりある一定の限界は存在して、偶然他人の描いた物と似てしまうって事は少なからずあると思うんだよね。

まぁこの場合は他人の模倣をしたのかどうかって事が当の本人の中で重大な天秤として存在して、結果サイト閉鎖って事に繋がったのだろうけど、そのサイトを楽しみにしてる客の身or同じ絵描きの立場からすると、この場合の責任の取り方ってサイトを閉鎖する事よりも、むしろそのサイトを通して改めて自分が胸を張ってオリジナルを叫べる作品を、提示し続ける事だったんじゃないだろうか、って思ったり。 (T-T)

どんなに自分が良いと思う物を描いたって悪く言う人は絶対いるわけで、むしろ万人に良いと言われる作品なんて早々作り得ないのは言うまでも無い事実なわけだし。
もしソレが存在するとしたらやはりソレは数多くの作品提示と、ソレを見た人々からの多くの賛否両論中から生まれ来る物だと僕は考えるわけです。

人の言う事は1/3の好き嫌いと1/3の期待、そして1/3の無い物強請りな押し付けみたいなもので、僕等の中にある未来の作家性に対する一種の占いみたいな意見なんだから、良い意見は活力に・悪い意見は教訓に、位に良い受け取り方をすればいいと思うんだけど。まぁでも僕の知り合いにもいるけど、気にして凹む人ほど他人の評価を知りたがるものだし、やはりそれはそれで難しいのかな・・・ (^ ^;ゞ

ま・とにもかくにも残念だって話です!!(何ギレ? 笑)
でも 頑張って! 届かないだろうけど僕は応援してます!!
2004-05-23 : 未分類 : コメント : 0 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME