雨降って。。。

人の人生とは湖面に浮かぶ一艇のボートの様なもの。
静かで波風がないなら安定して其処に止まってられるけど、例え僅かでも
何らかの外的要因で波紋が起これば、ボートは不安定に揺れ、クルクルと
支えを失った木の葉の様にあらぬ場所へと押しやられて行くかもしれない。

心に浮かんだものを写し取る仕事をしているなら、当然それは反映される。
どう足掻いても制御を失ったボートの立て直しを図る事が出来ない場合も
ある訳で、ただ静かに焦らず落ち着いて、風が過ぎ去り再びボートが安定
するのを待つしかない場合も、一生の内では決して少なくはないのかも。

色々な事が重なり、当にそういう不安定な状態に陥り、上手く時間や作業
の制御が取れなくなりそうな気配の場合、周囲に迷惑をかける事がない様
に、予め関係各位に伝えるべき事はどんな事も正直に伝える訳なんです
が、今回お仕事させて頂いてるS編集長は本当に素晴らしい方だった。

一時間半の電話。言葉の端々から伝わって来る気遣いと、深い信頼。
その上で今出来る事を検討し合い、問題点を一つずつ削除して行く。
良い作品が生み出されるまでには作家一人の努力だけでなく、こうした
関わる一人一人とのやりとりや絆までが反映されて行くのだろう。。。
ここから生まれるんだ。七色が良い作品に育たない訳がない…
ボートを揺らしていた風は、いつしか優しく背を押す追い風になっている。

ボートは新たな乗り手を得て安定し、ゆっくりと目指す岸辺へと向かう。
2011-12-05 : 一滴の涙 : コメント : 0 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME