DAY AFTER

楽しい系の映画を観るはずだったのに、最近『ローワン・アトキンソン祭』
(Mr.ビーンやジョニー・イングリッシュ等のシリーズでお馴染みの俳優。ちなみに
僕が『~祭』という名目で様々な関連作品を集中的に観るのもお馴染み)
を催したところだったので馬鹿笑い出来る様な手駒が乏しかった事もあり、
20年程前の作品『ハイランダー2』(DVDも残念ながらすでに廃盤)を観る。

今ではどんな映画でも1回観るだけで、ほぼカット単位でレイアウトまで
記憶してたりするんだけど、10代の頃に観た作品は視点が完全に素人
なので、ストーリーを2と3で一部混同してたり、画面構成や細かな演出
部分まで自分の血肉に消化しきれてなかった様で、何だか色々新鮮☆

最近リドリー・スコットやポール・ヴァーホーヴェンの過去作のリメイクが
相次いでた事もあり、ここのとこ20年以上前の作品を再鑑賞する機会が
多かったんだけど、改めてそれらを観て痛感するのは、制作年なんかに
関係なく、惜しみない心血を注いで創られた作品は色褪せないという事。
優れた才能を結集し集団作品として結実する映画と、あくまで個人作品
な漫画には若干の違いこそあるのかもしれないけど、『いいものを創る
というその単純明快な熱意こそが、いつの世も不変の原点なのは確か。
ま・僕は最近めっきり漫画の新作発表してないんで、あまり大きな事言えませんが…(苦笑)
ぼ・僕も頑張りま~す!! (((;>Д<)))b ええ、それはもう馬車馬の様にっ!!
2013-05-10 : INSIDE VIEW : コメント : 0 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME