LONG DISTANCE CALL

今日は友人の誕生日。3日の日記で「もう言葉を交わす事が出来なくなった人への想いだったり」と語っていた通り、すでに彼女自身はもうこの世にはいないけれど。 それでもいなくなった今も彼女の新しい単行本が発売され、書店に並び、今後も作品として昇華された彼女が伝えたかった事、そこに託した想いはきっとずっと多くの人々の中で愛され続けて行く。

僕らの仕事は何て幸せなんだろう。その事を教えてくれたのは君だったかも。
いつも仕事に真摯に取り組み、最期の瞬間まで多くの想いをまるで限られた自分の時間を惜しむ様に焼き付けていった彼女。僕がしばらく生活出来なくなる危険を覚悟した上で、今こうやって本気で商業のみに専念し始めたのは自分自身に残された時間というのを、あの時初めて自覚したからかもしれないし、もしかしたらほんの少しだけ僕の中に彼女の想いを受け継ごうとした部分が在ったのかもしれない。まぁそんな大それた気持ちじゃないけどね(笑)
その機会を与えてくれた事に深い感謝と、今後も変わらぬ精一杯の努力を改めて誓う。

今日は昨日の寒さが嘘の様に感じるくらい、よく晴れた気持ちの好い日♪
昨日感じた嫌な気分が全て癒されるかの様に君に似て雄雄しい青い空だ(笑)

Can U hear it? Are U Here? I'm already safe. 
Thanx. Let's meet some time♪

2007-03-07 : MESSAGE IN A BOTTLE : コメント : 2 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

故人を知るわけではない私が何か言うのも憚られるけど、
あんなに精力的に仕事をこなした人というのも知らない。
そういう意味で、とても尊敬できる人だった。
シャインが好きだってどこかに書いてあったから
少し親近感もあったな。
もっと頑張らないといけないね。
そして、頑張るだけじゃなくて、一日一日を大事に、
地に足をつけながらしっかりと生きていきたいね。
2007-03-07 21:35 : ちーかま URL : 編集
週刊作家以外であのペースはなかなか出来ない分量だったからなぁ(笑)。
速さではどう頑張っても追いつけないけど、何となく自分なりの切磋琢磨の中で、ようやく自分が描かなきゃいけないもの、自分にしか描けないものが見えてきた気がする今日この頃だったり。
今は凄い人生の転換期で精神的疲労や迷いも凄く大きいけど、その葛藤の中に身を置いているからこそ見えてくるものも多いから、自分が見つけたものを大切に抱えながら一歩づつ・・・
確り地に足をつけながら光の射す方へと歩いて行かなきゃな。
2007-03-08 00:24 : 哉井 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME