我、また新しき天と新しき地とを見たり。

手塚先生が1940年代の末頃にお描きになった未発表の原稿が見つかったとか。
その中には構想ノートにタイトルとあらすじだけが残されていた『浮標島』という作品の1ページも含まれているんだけど、この1ページを見てみるだけでも構成・レイアウトは勿論、演出やカメラワークに至るまで、既に映画的手法を用いられている事からも、手塚治虫という作家が如何に非凡な表現力を有していたかがよく分かる。
201305181.jpg
©株式会社 手塚プロダクション

以前関東にいた頃、大親友の時代作家 えとう乱星先生に連れて行って頂いた、両国の江戸東京博物館で開催されていた『手塚治虫展』の会場で『アトム大使』(鉄腕アトムの主人公、アトムのデビュー作)のカラー表紙の生原稿を拝見したんですが、その見事なまでの完成度に驚嘆しました。

流麗な筆致で活き活きと描き出された、まるで生きて動いているかの様なアトムに。
一枚絵の見事な構成の美しさに。その瑞々しい配色センスに──
これは過去の作品なのに、未だ未来に属する絵だ…
そう激しく打ちのめされ、呆然としたまま会場を後にしたのを、今でも鮮烈に記憶しています。

手塚先生は生涯で15万枚以上漫画を描かれたと言われているが、これは先生が60歳の若さでお亡くなりになられた事を踏まえた上で単純計算しても、1日に約7ページずつは描かれていたという計算になる… やはりっ!!
2013-05-18 : INSIDE VIEW : コメント : 2 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

ご無沙汰してました
> ashurryさん
実際はもっと沢山日記書いてあるんですが、写真貼ったりとか最終調整が出来てなくて上げてないのも多いんですが、最近仕事中心の生活をせざるをえなくて、新作絵なんかをなかなか上げられない分、せめて日記だけでも出来る限りは頻繁に更新して行きたいので、お暇な時はまた覗いて下さい♪

> 結局オセロばかりしていました。
オセロ楽しいですよね☆
僕も始めると時間を忘れます(苦笑)

> 睡眠って大事。哉ヰさんも無理しないで下さいね。
ほんとそうなんですよね~。
水木先生は手塚先生のライバルとしても、手塚先生すら成し遂げられなかった全雑誌連載という偉業を成し遂げつつ、睡眠時間も大事にされてたからお元気なのかも。
医者の不養生というものか、もしかしたら限られた時間が定められてたからこそのペース配分だったのかも… 切ないですね。
て事は、僕は逆にもっとペースを上げないといけませんね(苦笑)
2013-06-01 16:27 : 哉ヰ涼 URL : 編集
No title
こんにちわ、
こんなに更新されてたなんて。。
一時毎日見てたんですが、ギャラリー眺めたり、
散々見たおして。。。
結局オセロばかりしていました。
テヘ♪
シャンもお母様も弟さんも元気そうですね。
よかったよかった。
で、手塚先生は本当に神を超えてますね。
漫画は趣味とかって、スゲー!領域!!
(本業医者ってのもすごすぎ。。)
でも水木先生がちゃんと睡眠8時間取らないから
早く死んじゃうんだよ。。って
睡眠って大事。哉ヰさんも無理しないで下さいね。
ブログもマイペースに楽しんで♪
で、ほんと、夏なくなって欲しい。
私もすでに秋が待ち遠しいです。
長々すいません。ではではーー!!
2013-05-30 13:53 : ashurry URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME