スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop


Jenga -自演我-

最近の自分は何か色々と鈍化してきてる気がする。。。

愚直なまでに信念に一途だった17の頃──
まだ絵描きとして仕事をやり始めたばかりで、何の技術も経験の裏打ちも持ち合わせてなかったけど、何事にもまつろわず、自分の感性の命ずるまま衒う事なく真っ直ぐ、只々自分が心震えるものを形にしたいと分不相応に足掻いてた。
今にしてみれば稚拙で見るべきとこもない作品なんだけど、技術に足る今より格段優れたものを生み出せてた気が時々するのは何故なんだろう。。。

仕事の依頼もあまりなく、闇雲に暇にかまけて自己スケジュールを決め、ネームを描き、毎日ただただひたすらペンを奔らせ続けていたあの頃──
きっと今の僕を見たら、「あんた、一体誰の為に絵を描いてるの?」って聞いてきそうだな…(苦笑)

バーカ!、バーカ!、バーカ! (((o(≧Д≦)o))) キーッ!!
【注) あくまで過去の自分にです 笑】
お前みたい若造には負けねぇよ!
今に見てろ。お前が腰抜かす様な、あの頃の僕がなりたかった様な絵を描いてやるからな!!
(((;>Д<)))b チクショー、絶対負けねー!!
2013-05-28 : INSIDE VIEW : コメント : 2 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

体現
> 日下くん
絵や言葉や音楽を含め、自己表現の手段はどんなものであっても良いんだよね。
例えば何かを取ろうと手を伸ばす。息苦しくて、たまらず叫んでみる。
そんな感じで、僕にとっては自分らしく生きるって事自体が=表現だとようやく思え始めた今日この頃だったりするし、その為の手段にはこだわりはいらないとも思うんだよね。
これだけ情報過多で選択肢が豊富な時代だから、発表の仕方も当然一つに限られる事はないし、その中で最も自分の選択に適した描き方や、綴り方に応変すれば良いと思うし、そこにセオリーを設ける必要は無い気がするんだ。

『商業作家』として何かに帰属する事自体に凄く息苦しさに似た閉塞感を感じる事もあるし、だったらもう純粋な一表現者として、インディな活動のみでも良いかと思ったりね。
でも実際己の持つ訴求力や評価は部数や売り上げの様に数字で目に見える形でしか量り辛いのも確かなので、表現と自己満足を混同しない為にも秤には常に両皿に重石を置く必要もあるよね(苦笑)

ちなみに短歌や俳句、良いじゃない◎
最も少ない言葉で紡ぐ物語。僕は好きよ☆
2013-06-13 03:09 : 哉ヰ涼 URL : 編集
もう完全に筆を折って放り投げた身としては、ぼんやりとしか陰影が残っていないんですが…。絵の描き方は覚えていません。創作をイラスト→写真→詩(小説も含む)→アクセサリーへ移行してます。次に何が「→」の後に付くのか判らない私はどこを目指してるんですかね(しらんがなw)
フォトショ、イラレが宝の持ち腐れになってますよ、よよよ。
哉ヰさんの創作脳が羨ましくなります(この言葉の本当の意味は、良い意味じゃないんですがね)
出版社に写真を送って「自費出版で是非」と言われた瞬間、カメラが子鳴き爺のように重くなりました。訴求力がないと言われたような物ですからね。
ああ、そうだ…短歌と俳句を始めました。じじ臭いでしょ?
2013-06-12 19:45 : 日下 昊(sola_Dante) URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。