月と黒猫と猫アレルギーの君と、こめかみに突きつけた銃から零れる蜜の弾丸

久しぶりに不規則な生活周期が見事に一巡して朝方に戻ってきたので(笑)、今日は朝から真面目にお仕事。やっぱ絵は陽が昇り始める頃から描き始めるのが一番集中力が持続するなっ☆
ずっと描きたくても描けなかった時期。呼吸したくても出来ない様な時期を越えて、季節もようやく冬から春へ・・・ 凝り固まっていたものが少しづつ解けだす頃へ

地べたに身体を縛り付けていた足枷はもう無い。井戸の底で見上げる空の蒼さと目を射る光。
取り払われた限界と与えられた自由に未だ馴染めなくて、ほんの少し不安は感じるけれど。
ゆっくり感覚を取り戻す様に翼を広げて飛んで行ってみようか・・・
活気と喧騒、秩序と混沌、生と死に退廃とエロス。光と闇の住人たちが跋扈する魅惑の世界。

いざ、あの頃自分が過ごした夢の国。昔からの馴染みが溢れる創作の都へ♪
2007-03-17 : 『f*lowlish LIFE』 : コメント : 0 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME