HAPPY TOGETHER DAY3

以前からずっとゆっくり色々と語り合う機会を持ちたいと密かに願ってた、
歳の離れた大親友。伝奇時代小説の大家、えとう乱星先生の御宅にお邪魔
する事に♪(実際の距離は案外近いのに電車に乗るとかなり遠回り 笑)
「何でも用意するから好きに食べたい物を言いなさい」と仰って頂いたので、
独り身で家庭の味から遠ざかっていた僕は迷う事無く「奥様の手料理を・・」
と贅沢な注文をしてしまったんですが、基本的にザルな家系の僕の為にと
あらゆる種類のビールを大量にと、実に手際の良い奥様が次々とたくさん
の料理を作り盛大にもてなしてくれて、これがまた全て実に美味しいっ!!
当に良妻賢母。美人だし、理想の奥様で羨ましいっ!! (T人T) シアワセデシタ!!

ずっと話したくて話せなかった様々な事。身の回りの事。最近腹に据えか
ねていた事。作品の事。創作の事・・・ お昼から深夜にかけて実に色々
な事を話し合い、ますますお互いの心が近づけたと確信出来た至福の1日。
帰りはドライブがてら、わざわざ車で家まで送って頂いたんですが「何か
哉井君がピンチの時にすぐに駆けつけてやれないと困るから」
と、
何から何までほんと暖かい気遣いと心づくしでもう・・・ (T人T)ウゥ・・・

雨上がりの橋の上。車窓から見る街灯の光は幻想的で綺麗だったなぁ~☆

年末にやる予定の僕の作品の参考にと、登場人物とその時代背景がかなり
の部分で共通している(とはいえ僕のは荒唐無稽な世界観過ぎて、伝奇時代
作品とは口が裂けても言えないですが 笑)、乱星先生の処女長編小説の
『蛍丸伝奇』と、出版社は違うけど姉妹作的『十六武蔵』の2作品を頂く。
最近絵を描く時間以外に読み進めてるんですが、これが実に面白いっ!!
虚実の魅力的な配合のさせ方から、実に多いキャラクター達を個々全てに
きちんと際立ったキャラ立ちをさせている巧みさといい、それらが織り成
す柔軟で瑞々しい刺激的な作劇の力には、改めて敬服する事しきりで。
僕は後に出るんだから絶対に負けないようにしなくちゃっ!! (((; ̄Д ̄)))


かくて怒涛の3連続外出は無事終了。引き篭もりのわりに頑張った!(笑)
みんなに分けてもらったたくさんの元気。ちょっとづつ何か暖かい力に換
えて、好い形で作品へと還元して行きたいと思います◎
2008-06-09 : 終日ノタリゝ : コメント : 0 :
Pagetop


コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

BACK 2 HOME

CALENDAR

GAME